バイナリーオプションは年末年始もできる?

2018年から2019年にかけての年末年始相場を見てみると、強いトレンドが発生していました

バイナリーオプションは年末年始もできる?

そのため、FXで大きな利益を獲得したというトレーダーもいるようです。

ただ、一般的には年末年始のトレードは避けたほうが良いとも言われています。

同じくバイナリーオプションも控えたほうが懸命でしょう。

その理由をいくつか挙げたいと思いますので、今後の参考にしていただければと思います。

テクニカル分析が効かなくなることがある

バイナリーオプションは年末年始もできる?

年末年始は多くのトレーダーが休養に入り、史上に参加するトレーダーは激減します。

このため、
ちょっとしたファンダメンタルズなどで相場が大きく動く可能性があるのです。

テクニカルチャート上ではサポート、
もしくはレジスタンスとして期待されていたラインが軽々と破られ、一方的な動きになることも珍しくありません。

バイナリーオプションで安定して利益をあげ続けるためにはレンジ相場での逆張りが有効と言われていますが、
サポートやレジスタンスが軽々と打ち破られては逆張りトレードが機能しなくなりますので、
やはりトレードは避けるべきでしょう。

今年は特にその動きが顕著だったと言えるのではないでしょうか。

相場に参加しないと利益をあげることはできませんが、「休むも相場」です。
このようなリスクが高い時期はバイナリーオプションを休み、
次のチャンスへ向けて待つ、
もしくはテクニカルチャートや相場の勉強などに時間を費やすことをおすすめします。

スプレッドが広がりがち

スプレッドが広がりがち

年末年始の相場における大きなリスクのひとつに、
スプレッドが広がるということが挙げられます。

スプレッドというとFXのイメージが強いと思いがちですが、
バイナリーオプションも例外ではありません

スプレッドが通常より広い状態だと勝てる可能性が低くなってしまうでしょう。

年明けにバイナリーオプションをスタートするなら、
スプレッドが通常値に戻り、相場が落ち着いてからが良いのではないでしょうか。

ちなみにですが、今年の年始の相場ではスプレッドが以上に広がり、
ドル円のスプレッドが100pips以上に広がったブローカーもあるようです。

大口の仕掛のリスク

大口の仕掛のリスク

上記にも記載していますが、
年末年始の相場は薄商いとなるため、
大口がストップを狙って仕掛てくる可能性があります。

ストップがストップを巻き込み、
異常なほど上昇もしくは下落するリスクがありますので、
やはり取引は避けるべきでしょう。

大口が仕掛てくると、個人投資家は対抗しようがありません。

バイナリーオプションでは損失額を限定することができますが、
それでも勝てる可能性が低くなると思われますので、
思い切って取引を休み、次のチャンスへ向けて英気を養うべきです。

今年の年始相場では、異常といえるほどの値動きが見られました。

ドル円は一時104円台に突入したものの、そ
の後はアメリカの雇用統計が強い結果だったということもあり、
1月4日は108円台ミドルまで戻して終えています。

中にはFXで数千万円を一瞬にして失ったというトレーダーもいるようですので、
年末年始の相場は休んだほうが無難でしょう。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩