バイナリーオプション取引価格変動の特徴解説

突然ですが、
あなたは私の手法の記事を読んで実際に試したことはありますか?

私が紹介しているバイナリーオプション攻略手法は、
おそらくそこまで難しいものではないと思います。

なのである程度記事で手法を頭に入れたら
アウトプットの練習をしてほしいと思っています。

なぜこんなことを聞いているのかと言いますと、
手法は結局やってみないと分からないことが多いからです。

これはバイナリーオプションに限った話ではありません。
スポーツや勉強においてもそうでしょう。

これは以前にも話をしているので、
重複を避けるためここでは詳しく話しません。

今回紹介する取引は、
まさに私がこのバイナリーオプション攻略手法を続けているうちに分かってきた価格の動きの特徴です。

手法はもちろん守っていますが取り引きしている中で、
それ以上にこれまでの経験則から
ここでエントリーするのは危険だ!
今がエントリーのタイミングだ!」というポイントが存在します。

つまりエントリー条件を満たしていたとしても、
エントリーしないこともあるということです。

下記ではそんな条件を満たしているのに
エントリーすべきではない」と察したポイントについてご紹介したいと思います。

まずは下図をご覧ください。

CAD/JPYの15分足
CAD/JPYの15分足
CAD/JPYの30分足
CAD/JPYの30分足

私が紹介している手法では、
ローソク足が3σのラインを超えたら逆張りエントリーするというものです。

上図の15分足と30分足をみると両方とも3σのラインを超えていますし、
30分足に至っては4σのラインをも超えています。

3σでも十分反発する要因はあるのですが、
4σはさらに反発する要因が高まります。

本来手法通りの取引をするのであれば、
ここでエントリーすべきですが今回は見送りました。

理由は上昇への動きが強かったことです。
そもそも逆張りというのは、
上昇傾向にあるときに反発しそうなポイントを予測して逆方向のエントリーをするものです。

上図であれば、
価格は上方向なので私がエントリーする方向は下です。

しかし反発されそうだと予想したポイントでそのまま上昇の動きが強まれば、
価格は反発して下がってくることなく上へ向かってしまいます。

そうなると私の手法では負けてしまいます。

なのでここでのエントリーは敢えて見送ることにしました。

上方向の動きが強いと判断した要因は、
15分足において1つ前のローソク足が3σを実体で超えていることです。

すると今動いているローソク足でも実体が3σを超える可能性がでてきます。

もちろん必ずこうなるというわけではありません。

全体的な価格の動きも含めて「上げの動きが強い」と判断したのでエントリーを見送ったのです。

ということで今回の相場において私がエントリーし始めたのは、
15分足でも30分足でも4σを超えたタイミングです。3σではダメかもしれないが、
4σまでくれば反発されるだろうと思ったためです。

15分足
15分足
30分足

価格の動きが激しかったためエントリーが数回弾かれてしまい、
スクショのタイミングがズレてしまっていますが、
両方で4σを超えたタイミングで入れました。

結果は以下の通りです。

バイナリーオプション取引価格変動の特徴解説

やはり上昇の動きが強かったので、4σエントリーでもかなりぎりぎりでした。

いかがでしたでしょうか?
今回のように「こうやって取引するべき!」という手法はあるのですが、
自分の経験則から「こういう場面は危ないかも」というのが分かってきます。

そしてそういった経験則は実際にやってみないと身に付きません。

なのでここで紹介している手法を勉強しているかたは、
ハイローオーストラリアのクイックデモでもいいのでぜひ手を動かして考えながら取引してみてください。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩