バイナリー攻略基本手法「3σを超えたタイミングで逆張り」

今回は3連続でうまくいった取引内容についてご紹介したいと思います。

使った手法はもちろんこれまで説明してきた
3σを超えたタイミングで逆張り』です。

これまでもたくさんの話をしてきたので、
もしかすると「それだけ」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かにこれ以外にも
チャートの形やローソク足の形、時間足の使い方なども重要です。

しかしこの手法は”基本”ができているだけでも、
十分取引で勝てるようにはなります。

それをここで改めてお伝えしたと思います。

まずは下のチャートをご覧ください。

バイナリー攻略基本手法「3σを超えたタイミングで逆張り」
EUR/AUDの15分足

スクショのタイミングが少し遅れてしまったため若干ローソク足が短くなってしまいましたが、
エントリーはこのローソク足のほぼテッペンでできました。

15分足なのでハイローオーストラリアのほうで選ぶ判定時刻は8時15分です。

ただここで取引しているときに私が思ったことは、
参考にできた時間足は15分足のみなので少々要因としては弱いかなという感じでした。

しかし朝の時間帯のEUR/USDは比較的価格変動がおとなしいことと、
上図でここまでのローソク足で3σを実体で超えて終わっているものが無いことからエントリーしました。

内容はこちら。

バイナリー攻略基本手法「3σを超えたタイミングで逆張り」

グッと伸びてきたポイントで3σを抜けたためそこでエントリーしています。

結果は実体部分が3σの内側にしっかり収まったので勝ちです。

これ以外に特に解説することはありませんね、
冒頭で話した通り手法の基本通りの取引内容でした。

続いてAUD/USDです。
こちらの通貨はAUD関連の相場が大きく動いていたため少し悩みました。

ここで私が悩んだ通貨ペアのチャートがこちら。

AUD/USDの15分足
AUD/USDの15分足
GBP/AUDの15分足
GBP/AUDの15分足
GBP/JPYの15分足
GBP/JPYの15分足
 突然ですがクイズです。
もしあなたがこれらのチャートを見てどれかにエントリーするとしたら
どの通貨ペアを選びますか読み進める前に考えてみてください。

どうですかといっても最初に答えを言ってしまっているのでクイズになっていませんが、
私はAUD/USDを選びました。

なぜでしょうか?

これらの中で
3σのラインをも超えて4σに一番近いのはAUD/USDです。
3σと4σですと計算上反発される確率が高いのは4σです。

さらに30分足を見ると2σではありますが
抵抗されている感じが分かるかと思います。

AUD/USDの終了時点での30分足
AUD/USDの終了時点での30分足

なのでエントリーをしたのは15分足で3σを超え、
それと同時に30分足で2σを超えたタイミングです。

ちなみにここでは2本エントリーしました。

1本目は先ほどの画像、2本目はこちらのタイミングです。

AUD/USD

正直に言うとローソク足が一番伸びたところでエントリーしたかったのですが、
タイミングが合わずそこではエントリーできませんでした。

結果は以下の通りです。

結果

これも30分足の2σを少し参考にした程度で、
手法の基本的なところはいつもと同じですね。

最後はハイローオーストラリアのスクショはないのですが、
エントリーした瞬間のローソク足の形は以下の通りです。

GBP/AUDの15分足
GBP/AUDの15分足
AUD/USDの15分足
AUD/USDの15分足

9時32分に15分足を参考にしているので判定時刻は9時45分です。
こちらも他には何も参考にしていません。

ローソク足が3σを超えたからエントリーした
それだけです。

今回の記事はかなり味気の無いもののように感じるかもしれませんが、
実は私が普段取引でやっていることはこれだけです。

いかかでしょうか
手法の中でも基礎がとても重要であるということを理解して頂けたでしょうか

もしバイナリーオプションの取引がうまくいっていない方は、
まずはボリンジャーバンドの3σだけを参考にして取引してみてください
ボリンジャーバンドが分からない方は昔の記事を読んで勉強しましょう。

おそらくそういった基礎を固めるだけでも、
あなたの取引内容は変わると思います。

ぜひ試してみてください。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩